FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メタトレーダー4(MT4)自動売買ツールを売買サインメール配信ツールとして利用する方法

メタトレーダー4(MT4)はFX自動売買用ソフトとして
世界標準と言っても良いもので、
多くのFX自動売買ツールがMT4の上で動く様に作られています。


この記事をお読み頂くと

MT4のすべての(デモ用を含む)自動売買ツールを
売買サインメール配信ツールとして利用する方法
が理解できます。


また、この方法を利用すれば、

遠隔地にいても自動売買ツールの稼働状況や取引結果確認できる

自分の口座の取引内容を利用したい方にメール配信できる


というメリットもあります。


ただし、実際にこの方法を実現するためにはMT4で実行できる
EAかスクリプト(つまりプログラム)を作る必要があります。

プログラマの方であれば、是非自作のものを作ってみてください。


プログラマでない方向けには、
当研究所はこの目的で利用できるEAを作成済みですので、
このレポートをお読み頂いた方には無料で利用できる様に準備してあります。



<<メール配信したい理由>>


メタトレーダー4で稼動するツールでは、
ほったらかしで自動売買できる機能を作成することができますが、


せっかく自動売買ツールを持っていても以下の様な理由で
利用していない方が多いことがわかりました。


・自動売買を信用しきれないので、売買サインを見て確認してから注文したい


・メタトレーダー4が使えないFX業者の方が有利な条件
(スプレッド、入出金方法、納税基準等)であるため


この様な方々は、この記事の内容を実践することで、
自動売買ツールが行う取引内容をリアルタイムにメールで受け取り、
そのメールを売買サインとして活用することができます。


それ以外の用途としては、


自動売買をそのまま使っていたとしても、
MT4を稼動しているPCから離れなければならない場合に

自動売買が正常に稼動しているか否か、
また取引結果をリアルタイムに知る方法として利用できます。


自分の取引内容を利用したい方がいる場合には、
自分の口座の取引結果をリアルタイムに利用者にメールすることができます。


逆の立場で考えれば、取引を参考にしたいトレーダーに依頼して、
そのトレーダーが取引する口座の取引内容をメール配信する様にすれば、
トレーダーは配信を意識することなく通常通りにトレードするだけで、
利用したい側にメールが配信される様にできます。



<<MT4のメール配信機能>>


メタトレーダー4(MT4)には元々メールを配信する機能がついています。


MT4からメールを配信するために行うことは、


1、MT4を起動してツールメニュー>オプション>E-メールタブで
メール送信のための設定をする。


2、EAやスクリプトから「SendMail(件名、本文)」コマンドを実行する。

だけです。


少しややこしいのは、
1、ではメール送信用のSMTPサーバー情報を設定するのですが、
この点がPCに不慣れな方には難しいかも知れません。


詳しい説明は、以下のリンクから
関連レポートをダウンロードしてご覧頂ければと思います。


メタトレーダー4メール送信準備マニュアルはこちらをクリックしてください



<<自動売買取引の検知>>


通常、配布・販売されている自動売買ツールはコンパイル済みの
実行ファイルのみが配布され、プログラムソースは公開されていません。


このため、既存の自動売買ツールすべてに
SendMailコマンドを埋め込むことは不可能です。


そこで、既存の自動売買ツールを改造するという発想を捨てて、
自動売買取引そのものを検知してメールを配信する

別のツールを作るという方向に発想を転換しましょう。


取引そのものを検知するのであれば、
その取引をしたものがどの様なツールであっても(たとえ裁量取引でも)関係なく、
すべての取引結果をメール配信することができます。


取引結果の検知方法は色々あると思いますが、
ベタな方法としては一定時間間隔で注文やポジションの状態を監視して、
変化があった場合にメールを送るという方法です。


当研究所で確認した限りでは、
その変化(つまり取引)というのは以下のパターンに集約されます。


・成行注文約定
・(逆)指値新規注文
・(逆)指値注文約定
・(逆)指値新規注文の変更
・注文取消(有効期限切れ含む)
・ポジション決済((逆)指値決済注文に達した場合を含む)
・ポジションの変更((逆)指値決済注文変更など)


これらの取引を検知して、メールを配信するツールを作成すれば良い訳です。


これを実現するための技術はいろいろな選択肢がありますので、
この記事ではこれ以上深追いしませんが、
プログラマの方は是非チャレンジしてみてください。




<<無料ツールの配布>>


プログラマでない方向けには、
当研究所はこの目的で利用できるEAを作成済みですので、
このレポートをお読み頂いた方には無料で利用できる様に準備してあります。


プログラマの方が自作するための参考にして頂いても結構ですが、
プログラムソースは公開していません。


ツールの名前は、


【取引メール配信ツール】『TradeMailer』


です。


このツールを使えば、
MT4のすべての(デモ用を含む)自動売買ツールを
売買サインメール配信ツールとして利用することができます。


それに加えて、

遠隔地にいても自動売買ツールの稼働状況や取引結果確認できる、

自分の口座の取引内容を利用したい方にメール配信できる、

という目的で使うこともできます。


このツールはセキュリティ及びユーザーサポートのために
実行ファイルには有効期限を設定しています。


申し込み時にはお名前とメールアドレスを入力して頂くことで、
有効期限延長や次回バージョンアップのご案内をお送りします。


【取引メール配信ツール】『TradeMailer』申込はここをクリックしてください。


※このツール無料配布は予告なく終了する可能性がありますので、
お早めにお申し込み頂くことをお奨めします。

スポンサーサイト
  1. 2010/07/24(土) 16:06:15|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メタトレーダー4(MT4)自動売買結果をリアルタイムにメールで受け取る方法 | ホーム | 無期限無料自動売買ツール『Bloom』取引結果(4月22日~7月23日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://investtoollab.blog.fc2.com/tb.php/55-177d8247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。