FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FX業者間価格差アービトラージ自動売買では複数ペアを同時に動かさないで下さい

真夜中の書き込みで失礼します。


実は今日(というか、昨日2009年8月19日)、

また大失敗をしてしまいました。


私の仕事は利用者が失敗する前に

自分で失敗してそれを御知らせすることなのです・・・(汗)


今日の失敗は、


FX業者間価格差アービトラージ自動売買を

2ペア同時に動かしてしまったのです。


実行ファイルを配布するときのreadmeファイルにも書いてありますが、

それは絶対にやってはいけないことです。


そのやってはいけないことのやり方は色々ありますが、

例えばこういうことです。


【やってはいけない実行方法1】


A社のMT4を起動して、USDJPYのチャートを2つ表示し、

それぞれのチャートで自動売買スクリプトを動かす。

B社も同様のことをする。



【やってはいけない実行方法2】


A社のMT4を2つ起動して、それぞれのMT4でUSDJPYのチャートを表示し、

それぞれのチャートで自動売買スクリプトを動かす。

B社も同様のことをする。



そういう実行の仕方をするとどうなるかというと、

その実行方法やそのときにポジションがあるかどうかによりますが、


簡単に言えば、

相手がどのチャートかわからなくなり、

相手と同じポジションを持とうとする機能が暴走します。



そして、今日の私の失敗の結果は重大なものでした。


ポジションを持っている状態でもう1ペアの自動売買を起動してしまい、

片方が暴走して、数十回の自動売買(オープン、クローズ)を繰り返しました。


オープン、クローズを繰り返すと、

1回毎にスプレッド分を損失として確定することになります。


数分後には、気が付いて自動売買を止めたからまだ良かったですが、

もし気が付かずに続行していたら、

証拠金がなくなるまで自動売買を繰り返してしまうところでした。


今日の暴走の仕方は、考えられる限りで最もひどいものでしたが、

あまりに結果が重大ですので、次のバージョンアップで対策を講じます。


しかし、まだはっきりした解決法がわかっている訳ではありません。


実は今まで対策を講じていなかった理由は、


理由1) 対策方法が結構複雑で、使い勝手や成績に悪影響を及ぼす可能性がある

理由2) 2ペア同時に動かすというのは故意に行わない限りないと思われる

理由3) 暴走したとしてもそれほど重大な結果にはならないだろうと思われる


ということだったのですが、私自身が経験して、

理由2)と理由3)がそうではないことが判明したので、


理由1)などとは言っていられないので、

急いで対策を講じます。


ところで、今日の私の失敗の原因ですが、

それはVPSを使ってのリモートデスクトップ接続と関係あります。


これに関してはこちらの記事をご参照下さい。



スポンサーサイト
  1. 2009/08/20(木) 02:30:09|
  2. アービトラージ自動売買使用方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<VPSなどWindows2003でリモートデスクトップ(RDP)接続する場合の複数ログインに注意 | ホーム | メタトレーダー4(MT4)で取引履歴やオープンポジションを確認する方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://investtoollab.blog.fc2.com/tb.php/49-0894940a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。