FC2ブログ

FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『東大式FX』のスプレッド許容値指定を見直す方法

ある日のこと、『東大式FX』にとって絶好のチャンスがやってきました。

あるFX業者での取引履歴をご覧ください。



FXツール研究所【無料サポート】ブログ-『東大式FX』取引履歴E社_20110327


USDCHFを4連発注文し、すべて20pips以上の利益を確定させています。

この様に『東大式FX』にはチャンス時に取引を集中して一気に稼ぐ機能がついています。


しかし、この絶好の機会に同じ条件で出動するはずだった別のFX業者では取引がありませんでした。

何が起こったのか、EAログを見てみましょう。



FXツール研究所【無料サポート】ブログ-『東大式FX』EAログC社_20110327


『東大式FX』独自機能のスプレッドが広がったというメッセージが出ています。

このスプレッドが原因でこのFX業者では注文されなかったのです。


しかし、その広がったスプレッドは 6pips 、USDCHFのスプレッド許容値は 4pips に設定されていますからわずかに 2pips の差です。

いいえ、正確には平常時のスプレッドは 3pips と考えていて、その条件でバックテストしていますので、それとの差は 3pips (つまり2倍のスプレッド)になります。



この状況でひとつ利用者が考えても良いこととして、スプレッド許容値を広げて 6pips でも注文する様にするかどうかということがあります。


上記の例であれば、スプレッドが 2pips や 3pips ぐらい大きくても注文した方が良い様に思えます。

しかし、上記の様な絶好のチャンスばかりとは限らず、勝つことも負けることもあるので毎回 2~3pips 不利になるのはやはりリスクが増えます。


チャンスが多いときであれば不利なスプレッドでも注文しにいく(スプレッド許容値を大きくする)、そうでなければスプレッド許容値を小さい値のままにしておく、ということになります。




この様なことを考えた上で、選択肢はいくつかあります。


1、スプレッド許容値を大きくしない


2、スプレッド許容値を一部(取引条件や通貨ペアを選んで)大きくする


3、スプレッド許容値を全部大きくする


1、の説明は要らないと思いますから、2、の選択肢を説明します。

どの様な組み合わせで利用しているかにもよりますが、例えば全25種で利用していたとします。


そうすると5通貨ペアそれぞれに5つの取引条件が起動している状態です。

USDCHFはTodai03、Todai04、Todai07、Todai08、Todai10の5取引条件です。


スプレッド許容値を一部大きくするというのは、例えばこのうち2つとか3つの取引条件だけスプレッド許容値を大きくするということです。

そしてその際には数字が大きい取引条件(Todai10とかTodai08など利益率が高いもの)からスプレッド許容値を大きくするとと良いでしょう。

こうすれば、絶好のチャンスのときだけ注文される様にできます。


もちろん、「一部」というのは通貨ペアを一部だけにするということでも良いです。例えばUSDCHFは許容値を大きくするがGBPCHFはしないなど、ということです。


次にスプレッド許容値をどれくらい大きくしても良いかということですが、繰り返しになりますがバックテストでは平常時のスプレッドでシミュレーションしていますので、スプレッドが広がればその分不利(利益期待値が圧縮)になります。

スプレッド許容値の初期値は基本的に平常値のスプレッド+1に設定してあります。


具体的には、


USDCHF 4pips (平常時 3pips)

GBPCHF 10pips(平常時 9pips)

EURCAD 10pips(平常時 9pips)

EURGBP 6pips (平常時 5pips)

EURCHF 5pips (平常時 4pips)


となっています。


どのぐらいの許容値に設定するのが適切かは先に示したEAログの

Information (MaxSpread : 4 < CurrentSpread : 6 Max Spread Over)

などのメッセージを参考にしてください。


例えばC社などはスプレッドが広がる時間帯と上限が決まっている様なので、そこまで許容値を大きくするとどれほど利益期待値が圧縮されるかを考えて決めることになります。


具体的には、


USDCHF 7pips (平常時 3pips)

GBPCHF 12pips(平常時 9pips)

EURCAD 12pips(平常時 9pips)

EURGBP 10pips(平常時 5pips)

EURCHF 9pips (平常時 4pips)


ここまで許容値を大きくすれば注文する回数はかなり増えるでしょう。




それではここから具体的にスプレッド許容値を大きくするMT4の操作方法をご説明します。


チャートの組表示を使っている場合の注意点としては、現在使っているチャートの組表示の設定を保存しておくために、パラメータやチャートを変更する前にチャートの組表示を別の名前で保存しておくと、元の設定に戻すのも簡単だということがあります。


例えば、現在Aというチャートの組表示で使っているなら、パラメータやチャートを変更する前にBという名前でチャートの組表示を保存すれば、以後の変更はBの方に保存されます。

そして元の状態に戻したいときには、チャートの組表示をAに変更すれば元に戻ります。



FXツール研究所【無料サポート】ブログ-MT4ProfilesSave


FXツール研究所【無料サポート】ブログ-MT4ProfileStart

EAを起動する際に表示されるパラメータ入力画面のパラメータの入力タブで「P_MaxSpreadP」というパラメータの値を変更します。

この値は呼び値桁数が3桁や5桁(0.1pips単位)の業者も10倍にせず、あくまでもpips単位で設定します。



FXツール研究所【無料サポート】ブログ-MT4EAParaMaxSpread

既にEAが稼動している場合は再起動する必要はなく、チャートの何も表示されていないところで右クリックして表示されるメニューから Expert Advisors > Properties を選択するとパラメータ入力画面が表示されます。



FXツール研究所【無料サポート】ブログ-MT4EAProperties


スポンサーサイト
  1. 2011/03/27(日) 21:46:46|
  2. 『東大式FX』検証・利用方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『東大式FX』ライブ口座(リアルマネー)運用実績公開(2011年4月6日) | ホーム | 日本円戦後史上最高値をつけた時の『東大式FX』のFX業者(FXブローカー)別の成績検証結果>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://investtoollab.blog.fc2.com/tb.php/245-bb55b051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。