FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

経済指標発表時取引 FX業者の選択


経済指標発表時に逆指値注文する取引手法では、


FX業者の選択が非常に重要です。




超短期取引で大きい利益を得るために必要なことは、


1、 急激な値動きでも素早くスリッページなしで約定すること


2、 スプレッドが大きく開かないこと


3、 両逆指値注文を良い条件で入れられること


4、 操作性が良いこと


5、 レバレッジを大きくかけられること


です。




ひとつひとつ簡単に補足しておきます。




1、 急激な値動きでも素早くスリッページなしで約定すること


これに関しては、FX業者でまったく違います。


ひどいところは、平常時でも約定に時間がかかったり、

約定しなかったり、しょっちゅうスリッページがおきます。


逆にどんな場合でも一瞬で約定するFX業者もあります。


原因はサーバーの能力などもありますが、

そもそもその会社がどの様にカバー先と決済しているか、


もっと言ってしまえば、どの様に儲けようとしているかが

大きいファクターだと思います。


つまり、顧客との取引をいちいちカバー先と決済せずに

業者内でプールして差分だけを決済する、


しかもわざとスリッページを発生させれば利益が増える・・・


そんな方式で利鞘を稼いでいるのではないかと

思わせる様な業者もあります。


それでも、顧客に利益があれば問題ないので、

自分の取引手法にあったところを見つけて

それをメインにするのが良いでしょう。


但し、ロット数を大きくすると

途端に約定しにくくなるところもあるので、


急にロット数を増やさず、約定の実績を確認しながら

徐々にロット数を増やしていく必要があります。




2、 スプレッドが大きく開かないこと


変動スプレッドの業者は、

ほとんどの場合経済指標発表時にスプレッドが開きます。


しかし、その開き方は業者や経済指標によって大きく違うので

経験を積むしかないでしょう。


問題なのは、スプレッド(原則)固定と言っておきながら、

経済指標発表時にスプレッドが開いたり、

スプレッドが開かなくてもスリッページが発生することです。


もちろんそういうことがあると約款などには書いてありますが、

安心して取引しているときにそうなるとショックは隠せません。




3、 両逆指値注文を良い条件で入れられること


FX業者によっては、価格急変時や経済指標発表時に

逆指値注文を入れられる範囲を、

現在価格から遠ざける措置をとるところがあります。


また、最近NFAでヘッジ(両建)禁止になったことに伴い、

両逆指値の注文すら入らなくなってしまった業者もあります。


※NFAは、全米先物協会のこと。

 先物およびオプション市場に対する業界の自主規制組織です。



4、 操作性が良いこと


超短期取引ですから、

注文や決済の操作に時間がかかるというのは致命的です。


自分との相性も含めて、

素早く注文・決済できる操作性の業者を選ぶ必要があります。




5、 レバレッジを大きくかけられること


大きいPIPSを稼ぐより、

少ないチャンスで確実に利益を取ることを狙います。


経済指標発表時だけなら

せいぜい月に100PIPSから200PIPSの利益で、

それ以上を狙うとリスクが増えます。


但し、月に100PIPSでも確実に取れるなら、

レバレッジを大きくして利益率を高められますから、

レバレッジが100倍以上かけられる業者が望ましいです。




以上の様な観点で、

自分の取引手法ができる業者を選定する必要がありますし、

使い分ける必要があります。


ちなみに私は、20社以上のLive口座を開設して

色々試しています。


多分、FX業者の評価だけで、本が1冊書けるぐらいです。

(すぐ陳腐化するので書きませんし売れませんが)


この記事も陳腐化するのでFX業者名は入れずに書いていますが、

業者名を知りたい方は、コメントください。




ところで、業者を選定するときの注意事項として、

デモ口座でOKでもLive口座ではNGという場合が良くあります。


デモ口座では、実際の取引がないため

約定能力(速さ、スリッページなど)を確認できません。


また、Live口座で小額取引はOKでも、

大きいロット数での取引はNGという場合もありますので、

様子を見ながらロット数を徐々に増やす必要があります。




詳しい解説はこちらの無料レポート に書いてあります。


※このレポートの 「定時制超短期FX友の会」 というのも

 私が運営しています。


※このレポートは有料版と無料版があり、

 上記のリンクは無料版です。

 メールアドレスの入力などはなくPDFファイルが

 いきなり開くのでびっくりしないでください。






追伸:



現在無料受付している


【経済指標発表時だけで月10万円プロジェクト】


ですが、2009年6月開始分は締め切りました。


本日(28日)以降申し込まれた方は7月からの参加になります。


毎月少人数ずつしか受付しませんので、


お申し込みはお早めにどうぞ。


人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/28(木) 14:26:01|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次の無料ツールは何が良いでしょうか? | ホーム | 経済指標発表時取引 経済指標と通貨の選択>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://investtoollab.blog.fc2.com/tb.php/19-7af58aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。