FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『Currensee(カレンシー)』ライブ口座(リアル)運用実績公開(2011年11月26日)

私がライブ口座(リアルマネー)で運用しているCurrensee(カレンシー)の成績を公開します。


2011年11月4日に総額 32,000 ドルの出資で全トレードリーダーに必要な最小資金を割り当てました。(A口座)


しかし、その後トレードリーダーが3人追加されたため 5,000 ドル追加出資して2011年11月22日に1人(2,000ドル)だけ割り当てました。(B口座)


まだ割り当てていない2人に関しては、追加出資の準備中です。




運用開始後、A口座は約3週間で 640.23 ドルの利益、B口座は2日で -33.64 ドルの利益が出ています。


全口座の合計では、総額 37,000 ドルの出資で、606.59 ドルの利益が出ています。



<<<A口座の詳細>>>



FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)-CseeBoard_20111126_A


<<<B口座の詳細>>>



FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)-CseeBoard_20111126_B




スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 10:53:29|
  2. 『Currensee(カレンシー)』成績
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『Currensee(カレンシー)』ライブ口座(リアル)運用実績公開(2011年11月19日)

私がライブ口座(リアルマネー)で運用しているCurrensee(カレンシー)の成績を公開します。


総額 32,000 ドルの出資で全トレードリーダーに必要な最小資金を割り当てました。


※しかし、その後トレードリーダーが追加されたため追加出資の準備中です。


運用開始後、約2週間で 329.71 ドルの利益が出ています。




FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)-CseeBoard_20111119



  1. 2011/11/19(土) 11:36:58|
  2. 『Currensee(カレンシー)』成績
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『Currensee(カレンシー)』ライブ口座(リアル)運用実績公開(2011年11月12日)

私がライブ口座(リアルマネー)で運用しているCurrensee(カレンシー)の成績を公開します。


総額 32,000 ドルの出資で全トレードリーダーに必要な最小資金を割り当てました。


運用開始後、約1週間で 187.02 ドルの利益が出ています。



FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)-CseeBoard_20111112




  1. 2011/11/12(土) 20:55:12|
  2. 『Currensee(カレンシー)』成績
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『東大式FX』ライブ口座(リアルマネー)運用実績公開(2011年11月5日)

『東大式FX』のライブ口座(リアルマネー)運用実績を公開します。


複数のFX業者でリアル運用している売買履歴をトレサポというFX専用売買履歴管理サイトに送信して公開しています。

画面左上のステータスという欄に公開情報の前提事項がありますので、ここを必ず確認してください。

・損益表記がpipsか通貨か

・アカウント(口座)がリアルかデモか

・オープンポジション(含み損など)があるか




FXツール研究所【無料サポート】ブログ-trspstatus






画面左側のEA一覧から複数を選んで集計できますが、不慣れな方のためにFX業者ごとにEAを選択した状態のURLでリンクを貼っておきます。


※これらは運用開始日が同じではありませんので、ご注意ください。

 K社以降は5月から新たにリアル運用を開始したFX業者です。


───────────────────────────


A社
の『東大式FX』リアル運用実績はここをクリックしてください。


2011年11月5日時点の実績は以下の通り

2011年10月の獲得pips数 : 340.0 pips


───────────────────────────


S社
の『東大式FX』リアル運用実績はここをクリックしてください。


2011年11月5日時点の実績は以下の通り

2011年10月の獲得pips数 : 261.0 pips


───────────────────────────


T社
の『東大式FX』リアル運用実績はここをクリックしてください。


2011年11月5日時点の実績は以下の通り

2011年10月の獲得pips数 : 71.0 pips


※トレサポでは8月15日(月)に-633.0 pips と表示されていますが、T社は価格の誤配信ということでこの時間帯の負けトレードを取り消してくれました。なんという良心的なFX業者でしょう!!!

一方、この様な場合のデータ修正方法をトレサポに問い合わせましたが、
「部分的な売買データの修正は承っておりません。
 信憑性保存の措置ですので何卒ご了承下さい。」
とのことでした。

通算成績は修正して計算するのが難しいのでそのまま(本当は取消された-633.0 pips を含む)状態で表示しています。


───────────────────────────


U社
の『東大式FX』リアル運用実績はここをクリックしてください。


2011年11月5日時点の実績は以下の通り

2011年10月の獲得pips数 : 223.0 pips


───────────────────────────


V社
の『東大式FX』リアル運用実績はここをクリックしてください。


2011年11月5日時点の実績は以下の通り

2011年10月の獲得pips数 : 212.0 pips


───────────────────────────


外国為替証拠金取引で勝つため儲けるための有料/無料FXツール(システム、ソフト)、メタトレーダー4(MT4)エキスパート(EA)、スクリプト利用の必勝法・取引手法、自動売買の比較・検証と始めるためのFX業者(FXブローカー)口座開設情報も。
  1. 2011/11/05(土) 13:43:40|
  2. 『東大式FX』成績
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Currensee(カレンシー)とは?

今日ご紹介するのは、
FXDDの資金もそのまま有効利用できる新サービスです。


かなり注目されているボストンのベンチャー企業が提供する
コピートレードサービスで、


その名を「Currensee」(カレンシーと読みます)と言います。


FXDDに口座をお持ちの方は、
最近FXDDからカレンシー関連のキャンペーンメールが
届いている方も多いのではないかと思います。


その様な経緯で、もしかしたらカレンシーが
FXDDのサービスだと思われている方もいるかも知れませんが、

その実体はFXDDとは独立したサービスです。


それではなぜFXDDがカレンシーを推しているかというと
それにはちゃんとした理由があります。


ちょっと込み入った内容になりますが、
以下の説明(これを「カレンシーミニ講座」と名付けます)を
読んで頂くとその理由もお分かりになるでしょう。


また最後までお読み頂くとカレンシーのほとんどすべてが
丸分かりになってしまう秘密の呪文もお教えしますので
少し長いですが、お付き合いください。


実は、私自身もコピートレードサービスを提供したくて
色々と活動しているのですが、


カレンシーの内容を聞けば聞くほど
私が実現したいサービスに限りなく近い、そんな仕組みです。


私も早く追いつき追い越さなければという
目標になり得る、そんな存在です。


それでは、これから一つ一つ説明して行きます。


●コピートレードサービスとは?


コピートレードサービスというのは、
売買ロジックが自動化されたプログラムに限らず、
裁量取引するトレーダーの取引も含めて
その取引をリアルタイムにコピーして
自分の口座の収益に直結させることです。


●コピートレードサービスの対価は?


その対価は高額な月額利用料を徴収するものや
取引1件ごとに手数料(スプレッドの増加を含む)
を取るものなどが普通です。


●コピートレードサービスの問題点は?


実力のあるトレーダーが適切なシステムツールを利用して
きちんとコピートレードを提供するのは至難の業です。

よほど好奇心と財力のあるレビューアーでなければ
本物のサービスに出会うのは難しい、
もしレビューアーでもなく出会った方がいたら
それはかなりラッキーです。


※だからこそレビューアーが貴重なのです。


※投資家さんも自分が良く理解できないことを
 ちゃんと教えてくれるレビューアーさんを探してください。


個別のトレーダーを冠にするサービスはそうであるとして、
トレーダーや自動売買ツールを集めて好きなトレーダーを
選択できるサービスはどうでしょうか?


例えば、最大手のZuluTrade(ズルトレード)では、
何万ものトレーダーや自動売買ツールの中から
自由に選べることになっています。


そして、トレーダーの報酬は、
自分の取引をコピー(フォロー)してくれた
投資家(あなた)の取引量に応じた報酬です。


ということは、ちょっと気の利いたペテン師は、
ナンピンやマーチンゲールを使って
連戦連勝をアピールしフォロワーを集め、

それが破綻したらまた違う名前でトレーダー登録して
またフォロワーを集めることを繰り返す、

というわけです。


●カレンシーが優れている部分は?


今まで書いた問題点が理解できていれば
カレンシーが優れている部分は明白です。


1、高額な月額利用料は取らない。


口座残高に対して年間2%の管理手数料のみが必要です。
年間2%ということは、約0.167%/月です。
1万ドル投資した場合には16.7ドル/月です。


2、取引1件ごとに手数料(スプレッドの増加を含む)がない。


通常の口座で普通に取引することと条件は全く変わりません。


3、トレーダーの報酬は成功報酬のみ


これが最大の特長だと思いますが、
トレーダーは利益を出さなければ全く報酬がありません。


ですから、ZuluTradeの様な
取引量を狙う作戦は意味がありません。


逆を返せば、投資家のコストは、
利益が出た分の一定割合(20%)だけです。


しかも、毎月の利益ではなく、
過去最高の残高から増えた分だけが
利益とみなされますので、
(ハイウォーターマーク方式と呼ばれます)

投資家は儲からなければ
トレーダーに一銭も払う必要がありません。


4、トレーダーは厳しい基準にパスした10~20名


ZuluTradeは個々の投資家(あなた)自身が
何万ものトレーダーや自動売買ツールの中から
自分で選ばなければならない(ペテン師も混ざっている)のに比べて


カレンシーでは7000名以上のトレーダーの中から
厳しい基準にパスした10~20名だけが選択肢として選抜されるので
トレーダーを選ぶことが簡単です。


私の場合はすべてのトレーダーを見極めるために
現在選抜されている15名のトレーダー全員に
資金を割り当てましたが
それでも総額32000ドルで足りました。


※2011年11月4日時点の話です。


5、トレーダーもライブ(リアル)口座で実弾取引


ZuluTradeなどではデモ口座の取引でトレーダー登録が可能です。

ということは、本気の取引でないものが多い、もっと言ってしまうと
何口座でもたくさん登録して調子の良い口座だけを残す
ということも可能です。


これに対してカレンシーはトレーダー自身がライブ(リアル)口座で
5000ドル以上投資して取引することが条件になっています。


そのため、もちろん本気の取引になりますし、
たまたま調子の良い口座だけを残す様なこともできません。


●カレンシーの懸念点は?


この様な優れた特長を持ったカレンシーですが、
いくつか懸念点もあります。


1、最低入金額が5000ドル


カレンシーはトレーダーにも本気を求めますが、
投資家(あなた)にも本気を求めます。


例えば初回最低入金額は5000ドルですので
昨今のFX関連サービスとしてはハードルが高い部類に入ります。


また入金後には各トレーダーに資金を割り当てるのですが、
各トレーダーごとに必要な資金が決まっており
資金に見合った分しか割り当てることができません。


つまり過剰なリスクは取れない様になっていて
投資家保護の為にリスクコントロールと
ポートフォリオ管理が徹底していることが分かります。


ハードルが高いと表現しましたが、
本当はそのぐらいの余剰資金がない方は
FXに手を出してはいけないのかも知れません。


他のサービスが無知な投資家に
ハイリスクなサービスを提供しているから
感覚が麻痺しているだけなのでしょう。



2、まだ実績期間の短い新サービス


カレンシーのコピートレードサービスは
2010年10月に開始されたばかり。


その母体となった投資家とトレーダーをつなぐSNSも
2009年の設立です。


わずか1年か2年でこれだけの人を集め、世界的に注目され、
期待値はうなぎ上りですが、トレーダーやサービスの実績としては
まだまだ期間が短いといわざるを得ません。


しかし、既に述べた様なしっかりとした特長をなくすことなく
サービスを継続すれば個々のトレーダーは入れ替わったとしても
中長期的には右肩上がりの運用実績が期待できるはずです。


3、日本には馴染みの薄いサービス


このサービスはボストンのベンチャー企業が始めたもので
今までは日本語対応、日本語サポートがありませんでした。


しかし、このサービスを是非日本にも広めたいということで
FXDDが日本語化を強力にバックアップして実現した
という経緯らしいです。


このため、英語が不得意な方も
FXDDの強力な日本人スタッフチームが
カレンシーについてもサポートしてくれます。



●カレンシーのトレーダーの取引を見たいですか?


そうですよね。
実際にどんな取引をしているのか、見たいですよね?


私も登録して始めたばかりなのですが、
どのトレーダーを選択するか迷ったので、

現在選抜されている15人のトレーダー全員に
資金を割り当ててみました。


資金は32000ドル、もちろんライブ(リアル)口座です。


そしてその取引がコピーされた口座を
Investor Password(Read Only Password)を教えて
期間限定で公開します。


そうです。

実はカレンシーの取引はMT4でリアルタイムに
見ることができるのです。


しかしさすがにこのブログに直接
パスワードを書いてしまう勇気はないので、


【件名】カレンシー取引閲覧希望

【本文】氏名、メールアドレス


という内容でメッセージをください。


折り返し、パスワードを含む口座情報をお知らせします。



●カレンシーで資金を運用したい!


という方は、以下の重要ポイントを確認してください。


■5000ドル以上入金すること


■管理手数料として年間2%がかかること


■運用利益の20%がカレンシー(トレーダー含む)への
 成功報酬として支払われること


これらの内容が問題なければ、


【件名】カレンシーライブ運用希望

【本文】氏名、メールアドレス


という内容でメッセージをください。


実はカレンシーの画面 から直接申し込みすると
ちょっと厄介な手続きが待っているので、

そのあたりを私の方でサポートして差し上げようと思います。




この情報があなたのお役に立てれば幸いです。



  1. 2011/11/04(金) 12:45:24|
  2. 『Currensee(カレンシー)』成績
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。