FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FX 高値安値切り上げ切り下げ指値範囲注文ツールの無料配布開始しました

先日お知らせした、

「高値と安値が切り上げたら自動売買するツール」ですが、


めでたくテストが終了し、


【高値安値切り上げ切り下げ指値範囲注文ツール】として

無料配布を開始しました。



どの様なツールかを説明しておきます。


高値安値切り上げ切り下げ指値範囲注文ツールは、


・ 指値で買い注文したい価格範囲内で

 高値と安値が両方切り上げたところで買う

・ 指値で売り注文したい価格範囲内で

 高値と安値が両方切り下げたところで売る


・ 但し指定した価格以下(以上)に下落(上昇)したら、

 注文をストップする


ということができる自動取引ツールです。


つまり、指定の価格範囲内で反転を狙ってポジションを持つことができます。



なぜこの様な手法及びツールが有効かというと、


・ 指値注文は、価格が下がった(上がった)ときに

 買い(売り)ポジションを持つので、

 ポジションを持った時点では

 価格の動きに逆行する「逆張り」となります。


・ 逆張りの欠点は、トレンドが発生した場合に

 価格が戻ってこない危険性があることです。


・ 高値安値切り上げ切り下げ指値範囲注文を有効活用すると、

 狙いたい価格範囲内で高値と安値の切り上げ切り下げを使った

 「順張り」で約定することができます。


※ 当ツールでは、さらに価格が下落(上昇)しすぎた場合に

  サインの発生をストップする機能が付いています。


これで、当ツールの基本的な機能とその有効性をご理解頂けたでしょうか?


もうひとつ、


価格範囲内で買いサインが出た場合

またはサインが出ずにStop価格に到達した場合にメールを受け取る


という機能もついています。



ところで、このツールの最大の特徴として

高値/安値を自動検知することが挙げられますので、

そのロジックを説明します。


高値/安値の自動検知は、MACDを利用して計算します。


MACDメイン線が上向きの間に高値があり、

MACDが下向きの間に安値があると考えて、
MACDが反転したタイミングで前回高値/安値を検知します。


画面上に高値がマゼンタ色、安値が水色で表示されます。


但し、高値と安値の差がパラメータで指定するPIPS数以上の差がない場合は、
高値/安値不成立として、画面上灰色で表示されます。

(一度表示された高値/安値が灰色に変わることがあります。)



FXツール研究所【無料ツール満載】ブログ-高値安値ロジック説明チャート


次に注文の設定の仕方ですが、


「価格範囲の上限Aと下限Bの範囲で、

 指定した条件の高値と安値が両方切り上げたら買う。

 但し、Stop価格Cまで下がってしまったら買わない。」


という指定ができます。


これを図示すると以下の様になります。



FXツール研究所【無料ツール満載】ブログ-注文設定4


メール配信機能を使うと、


価格範囲内で買いサインが出た場合

またはサインが出ずにStop価格Cに到達した場合にメールを受け取ることができます。




利用条件としては、


メール配信機能を使うなら、メタトレーダー4のデモ口座が必要です。


自動売買機能を使うなら、メタトレーダー4のLive口座(本口座)が必要です。




ダウンロードは、以下のリンクをクリックしてファイルを保存してください。


高値安値切り上げ切り下げ指値範囲注文ツールダウンロードはこちら
当ツールは配布を終了しました


※メールアドレスの入力などはなくて、いきなりダウンロードが始まりますので

 びっくりしないでください。


※ダウンロードするファイルは自己解凍形式の圧縮ファイルですので、

 ダウンロード後にダブルクリックして解凍先を指定してください。


それでは、このツールがあなたのお役に立つことを祈っています。




人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/25(木) 00:37:48|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX スローストキャスティクス指値範囲注文ツールの無料配布開始しました

先日お知らせした、

「ストキャスティクスサインで自動売買するツール」ですが、


めでたくテストが終了し、


【スローストキャスティクス指値範囲注文ツール】として

無料配布を開始しました。



どの様なツールかを説明しておきます。


スローストキャスティクス指値範囲注文ツールは、


・ 指値で買い注文したい価格範囲内で

 スローストキャスティクス買いサインが出たところで買う

・ 指値で売り注文したい価格範囲内で

 スローストキャスティクス売りサインが出たところで売る


・ 但し指定した価格以下(以上)に下落(上昇)したら、

 注文をストップする


ということができる自動取引ツールです。


つまり、指定の価格範囲内で反転を狙ってポジションを持つことができます。



なぜこの様な手法及びツールが有効かというと、


・ 指値注文は、価格が下がった(上がった)ときに

 買い(売り)ポジションを持つので、

 ポジションを持った時点では

 価格の動きに逆行する「逆張り」となります。


・ 逆張りの欠点は、トレンドが発生した場合に

 価格が戻ってこない危険性があることです。


・ スローストキャスティクス指値範囲注文を有効活用すると、

 狙いたい価格範囲内でスローストキャスティクスサインを使った

 「順張り」で約定することができます。


※ ストキャスティクスは逆張り用指標の代表の様に考えられていますが、

  シグナル線を使ったサインが出るタイミングでは立派な順張りとなります。


※ 当ツールでは、さらに価格が下落(上昇)しすぎた場合に

  サインの発生をストップする機能が付いています。


これで、当ツールの基本的な機能とその有効性をご理解頂けたでしょうか?


もうひとつ、


価格範囲内で買いサインが出た場合

またはサインが出ずにStop価格に到達した場合にメールを受け取る


という機能もついています。





次に注文の設定の仕方ですが、


「価格範囲の上限Aと下限Bの範囲で、

 指定した条件のスローストキャスティクス買いサインで買う。

 但し、Stop価格Cまで下がってしまったら買わない。」


という指定ができます。


これを図示すると以下の様になります。



FXツール研究所【無料ツール満載】ブログ-注文設定3



メール配信機能を使うと、


価格範囲内で買いサインが出た場合

またはサインが出ずにStop価格Cに到達した場合にメールを受け取ることができます。




利用条件としては、


メール配信機能を使うなら、メタトレーダー4のデモ口座が必要です。


自動売買機能を使うなら、メタトレーダー4のLive口座(本口座)が必要です。




ダウンロードは、以下のリンクをクリックしてファイルを保存してください。


スローストキャスティクス指値範囲注文ツールダウンロードはこちら
当ツールの配布は終了しました


※メールアドレスの入力などはなくて、いきなりダウンロードが始まりますので

 びっくりしないでください。


※ダウンロードするファイルは自己解凍形式の圧縮ファイルですので、

 ダウンロード後にダブルクリックして解凍先を指定してください。


それでは、このツールがあなたのお役に立つことを祈っています。




人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/16(火) 01:53:07|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【経済指標発表時だけで月10万円プロジェクト】 7月分締切間近


経済指標発表時の自動取引ツールを無料で使っていただける


【経済指標発表時だけで月10万円プロジェクト】


7月開始分の締め切りは6月15日23:59です。


なぜ無料かというと、大きな声では言えませんがちょっと ワケあり なのです・・・


(そのわけは申し込みページの説明を御覧ください。)

こちらをクリック すれば、お申し込みできます。



上記のリンク先(申し込みページ)に一通りの説明は書いてありますが、


一応以下に関連記事のリンクを掲載しておきます。


経済指標発表時のFX自動取引ツールとは?


経済指標発表時のFX自動取引ツール・・・成績は?


プロフィットファクター、ドローダウン、レバレッジ、利益率の関係


経済指標発表時自動取引ツールの無料配布予告


経済指標発表時の注文方法


経済指標発表時取引 スリッページの危険性


経済指標発表時取引 乱高下の危険性


経済指標発表時取引 経済指標と通貨の選択


経済指標発表時取引 FX業者の選択



※このプロジェクトは「定時制超短期FX友の会」という


 別名の会でやっていますので、ご承知おきください。




 定時制超短期FX友の会のホームページはこちら です。



人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/14(日) 00:59:50|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX無料ツール「他人のふんどし」シリーズのリクエスト方法

前々回 と 前回 記事にした、「他人のふんどし」シリーズは


他人のノウハウをシステム化して自動取引ツールを作って


無料で配布してしまおうという企画ですが、


著作権に配慮しつつ、リクエストにも応えていこうと思っています、




リクエストの方法としては、

コメントまたはメッセージで受け付けます。



リクエストする方は、以下の項目を明記してください。

1、リクエストする人の立場

 (ノウハウの著作権者か、利用者か、など)

2、ノウハウの名称、内容、関連URLや資料の入手方法など



リクエスト頂いたら、こちらで以下の内容を確認して検討します。

A、システム化する際の実現可能性、難易度

B、著作権者に容認・協力してもらえるかどうか

C、せっかく作るのであれば、
  できればたくさんの人に利用してもらいたいので、
  利用者がどのくらい見込めるか



これらの検討結果を元に

優先順位などを考えて実施していきますので、

リクエストはお早めにどうぞ。


人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/09(火) 19:59:17|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX無料ツール「他人のふんどし」シリーズの著作権対策

前回 記事にした、「他人のふんどし」シリーズは


他人のノウハウをシステム化して自動取引ツールを作って


無料で配布してしまおうという企画ですが、


もちろん著作権に配慮する必要があります。




ですからまず第一に、


ノウハウ提供者の承諾を頂きます。




そして、配布する際のルールとして


無料のノウハウで自動取引ツールを作成して配布する場合には、


なるべく多くの人に無料で利用してもらえば良いと思いますが、




有料のノウハウの自動取引ツールは


基本的にその有料のノウハウを購入した方だけに配布するか、


有料のノウハウの内容を知っているひとにしかできない


パラメータを設定してもらうことになると思います。




多分、この様な内容であれば


著作権が問題になることはないのかなと思いますが、


具体的にはツール毎に対応していくことにします。




ところで、「他人のふんどし」シリーズで


自動取引ツールを作ろうという候補はすでにいくつかあるのですが、


このブログを読んでいる方からの


リクエストも受け付けようかと思っています。




そのリクエストの受付方法は、


また次回お知らせします。


人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/08(月) 22:42:02|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX無料ツール「他人のふんどし」シリーズとは?

今日、新しい企画を考えました。


その名も「他人のふんどし」シリーズです。




世の中には色々とFX必勝法の様なものが出回っていますが、


その中には再現性の高いシステムトレード


のノウハウもあります。




そういうものは自動売買システムとして作成することが可能なのですが、


自動売買システムを作るとなると業者に頼めば、


少なくとも数十万円はかかるためそう簡単にはできません。




そこで、私が自動取引システムツールを作って


無料で配布してしまおうという企画を考えました。




但し、当然考慮すべきは、著作権の問題です。


これをクリアするための方法、ルールも考えてありますので、


それについては、また次回お知らせします。


人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/06(土) 23:00:06|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX ストキャスティクス指値範囲注文ツールを作成中です

次に提供する自動取引ツールとして、


【ストキャスティクス指値範囲注文ツール】を作成中です。


これも、


FXブーメラン指値注文ツール


FX MACD指値範囲注文ツール  と同じ様に、


取引戦略を立てて仕掛けておけば


チャートをチェックできない間も監視し続けて自動取引してくれます。


ストキャスティクスというと逆張り指標の代表の様に思っている方が多いですが、


スローストキャスティクスでシグナルを利用すれば


サインの出る瞬間は立派な順張りになります。




今回のツールは、


指定の価格範囲内で、


ストキャスティクスの売買サインが出たら売買する、


但し、想定外の範囲まで価格が行き過ぎてしまったら


自動売買を停止する、


という機能を準備しています。




それから、新たなアイデアとして、


MT4(メタトレーダー4)でスキャルピング


できる自動売買ツールも作ろうかと思っています。


6月中には提供できる様に頑張ります。




機能としては、MT4のEA(エキスパートアドバイザ=プログラム)で


起動した瞬間に成り行き注文でポジションを持ち、


パラメータで予め決めておいたPIPS数で利益確定または損きり、


(MT4では業者によりますが、数PIPSしか離れていない


利益確定と損きり注文は登録できませんので、


その様な場合はレートを見て成り行き決済しなければなりません)


それに加えてトレーリングストップ決済も組み込もうかと構想を練っています。


理想としては、想定利益確保後にトレーリングが始まるのが良いでしょうね。




実はこれに似た機能のものが何万円かで販売されているのを知って、


「へー、そんなものが売れるのか」と思い、


「私だったら無料で配るのになー」と思った次第です。


何万円かで売っている方、買った方が見ていたら、ごめんなさい。


先に謝っておきます。



人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/05(金) 10:53:28|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MT4(メタトレーダー4)の日足に関する注意事項

当研究所で作成するツールは、


MT4(メタトレーダー4)の上で動くものが多いのですが、


MT4を利用する際、


日足または日足のテクニカル指標を利用する場合は


その終値が何時のものであるかに気をつけなければなりません。




おそらくFXで日足の終値といえば


ニューヨーク市場の終値とすることが一般的でしょう。


もしそうなっていないと、


日足の終値・始値が違って陽線か陰線かが違い、


日足を用いたテクニカル指標の計算結果が違い、


1週間に日足が6本あるという状況が起こります。




これは、MT4に限った話ではありませんから、


ご自分でお使いのFX業者のチャートでどうなっているかを


確認してみてください。




MT4の仕様では、


サーバー時間の午前0時が日足の終値及び始値


になる様です。



例えば ODL JAPAN では、


サーバー時間はGMT(グリニッジ世界標準時)になっていますから、


夏時間はなく、日本との時差は9時間です。


この場合、GMTの午前0時 = ニューヨーク市場の夏時間20時


= 日本時間の朝9時であり、


この時刻の価格が日足の始値と終値になります。


そして、日本時間の月曜日早朝から朝9時までの部分がひとつの日足になり、


この部分がニューヨークでの日曜日にあたる日足となり、


1週間の日足が6本となってしまいます。


移動平均線などで考えてみれば、


1週間の日足が5本と6本ではテクニカル指標の計算結果が


大きく違ってくることは良くお分かり頂けるだろうと思います。





それでは、MT4で正しい日足が表示され、


日足のテクニカル指標が正しく計算できるFX業者がないのかと、


探してみたところ、ひとつだけありました。


それは FXDD です。


(これ以外の業者でご存知の方は、コメントかメッセージ頂ければと思います。)




この会社は米国のFX業者ですが、サウジアラビアあたりの時刻を採用し、


夏時間では、日本との時差は6時間です。


そして、FXDDサーバーの午前0時 = ニューヨーク市場の夏時間17時


= 日本時間の朝6時 となります。


これですと、日本時間の月曜日早朝分もニューヨーク月曜日の日足に含まれ、


1週間の日足は5本となります。




日本人にとっては、サーバー時間が日本時間でない限りは、


時差を考慮しなければならないのは同じですが、


米国のFX業者が米国以外の時間を採用して


日足を正しく表示する方を選択したのは、素晴らしいことだと思います。


(「その前にMT4の仕様をなんとかした方が良いのではないか」


という突っ込みは私にされても困ります・・・)




少し長くなりましたが、そういう訳で、当研究所では


MT4で日足を使うならFXDDを推奨します。


もちろんデモ口座もあり、


こちらからMT4を無料でダウンロード できます。


自動売買するには、Live口座(本口座、リアル口座)を開設する必要があります。


日本語のWEBページもあり、現地日本人スタッフもいるので問題ないはずですが、


それでも海外の業者ですし、不安もあるかと思います。


当研究所は、FXDDと提携していますので、


こちらのフォームから口座開設 を申し込んで頂ければ、


口座開設やその後のサポートなども行います。




この様に紹介すると、


「提携しているから推薦するんだろう」と思う方もおられますが、


それは考え方が逆で、


推薦できるから提携して紹介している訳で、


そこのところは誤解されませんように。



人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/04(木) 12:00:00|
  2. MT4(メタトレーダー4)使用方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FX MACD指値範囲注文ツールの無料配布開始しました

先日お知らせした、「MACDサインで自動売買するツール」ですが、


めでたくテストが終了し、


【MACD指値範囲注文ツール】として無料配布を開始しました。



どの様なツールかを説明しておきます。


MACD指値範囲注文ツールは、


・ 指値で買い注文したい価格範囲内でMACD買いサインが出たところで買う

・ 指値で売り注文したい価格範囲内でMACD売りサインが出たところで売る


ということができる自動取引ツールです。


つまり、指値注文の価格範囲内で順張りのポジションを持つことができます。


なぜこの様な手法及びツールが有効かというと、


・ 指値注文は、価格が下がった(上がった)ときに

 買い(売り)ポジションを持つので、

 ポジションを持った時点では

 価格の動きに逆行する「逆張り」となります。


・ 逆張りの欠点は、トレンドが発生した場合に

 価格が戻ってこない危険性があることです。


・ MACD指値範囲注文ツールを有効活用すると、

 狙いたい価格範囲内の「順張り」で約定することができます。


これで、当ツールの基本的な機能とその有効性をご理解頂けたでしょうか?


もうひとつ、


設定された条件が揃った場合にメールが配信される


という機能もついています。





次に注文の設定の仕方ですが、


「価格の上限Aと下限Bの範囲内で、指定した時間軸のMACD買いサインで買う。」


という指定ができます。


これを図示すると以下の様になります。



FXツール研究所【無料ツール満載】ブログ-注文設定2


メール配信機能を使うと、


すべての条件が揃った場合にメールを受け取ることができます。



利用条件としては、


メール配信機能を使うなら、メタトレーダー4のデモ口座が必要です。


自動売買機能を使うなら、メタトレーダー4のLive口座(本口座)が必要です。




ダウンロードは、以下のリンクをクリックしてファイルを保存してください。


MACD指値範囲注文ツールダウンロードはこちら
当ツールの配布は終了しました


※メールアドレスの入力などはなくて、いきなりダウンロードが始まりますので

 びっくりしないでください。


※ダウンロードするファイルは自己解凍形式の圧縮ファイルですので、

 ダウンロード後にダブルクリックして解凍先を指定してください。


それでは、このツールがあなたのお役に立つことを祈っています。




人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/03(水) 17:26:06|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アービトラージスキャルピングの自動取引開発に挑戦(経験者求む)


前回ご紹介したアービトラージスキャルピング ですが、


私はずっとチャートや価格を見ているという作業は


性格的に耐えられないので


やはり自動化にチャレンジしたいと考えています。




ちょっとここからは、システム開発の技術的な話になってしまうので、


開発できない方には申し訳ないですが、


開発できる方のみ読み進めてください。




自動化する方法として、まず考えたのが


・ MT4(メタトレーダー4)を使って自動化する方法


但し、MT4だけの機能では足りないので、


DLLを作成してデータベースなども駆使する必要があります。


但し、私はこれをやった経験がないので、


MT4からDLLを呼び出す処理を作成したことのある


経験者の方がいれば一緒に一攫千金を狙いませんか




もうひとつの方法として、


・ 証券会社のWEB画面をアプリケーション的に操作して自動取引する方法


これは、WEB画面を操作するアプリケーションを駆使するか、


HTMLやScriptをサーバーと直接やり取りして自動取引するか、


の、どちらかだと思うのですが、


こういうことができる方がいたら、一緒に一攫千金を狙いませんか?




どちらも、お忙しい方はアドバイスだけでもしてもらえれば

何らかのお礼を考えます。


「興味がある」、「詳細が知りたい」 という様なことでも良いので、

コメントやメッセージ頂ければと思います。


<<2009年6月18日更新>>

たくさんのメッセージありがとうございました。

適任の方が見つかりましたので、募集を締め切りました。

人気ブログランキングへ
↑励みになりますので、1日1回ポチッと押して、
 応援よろしくお願いします。
  1. 2009/06/01(月) 17:54:50|
  2. システムツール開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。