FXツール研究所【無料サポート】ブログ

FXツール研究所【自動売買ソフト,MT4,EA,必勝法】 FXツール研究所【無料サポート】ブログ(自動売買ソフト,特にMT4のEAやスクリプト、勝つため儲けるための必勝法を比較・検証)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FX売買シグナル配信を★無料★で自動売買化できるコピートレードツール

突然ですが、
FX売買シグナル配信を★無料★で自動売買化できるコピートレードツール
『TradeTransfer』の提供を計画しています。



FX売買シグナル配信を自動売買(コピートレード)化するメリット

●自動売買をオプションとして提供することにより、発注している暇のない自動売買派の利用者が利用できる。

●利用者が手入力で発注するより自動売買の方が速い為遅延による成績の差異が減る。

●時間帯を制限せずに配信できる様になり、成績向上の可能性がある。


これ以外にもたくさんメリットを挙げることができますが、実際にはシステムコストなどがかかり誰でもコピートレードを提供できるというものでもありません。


というわけで、今回の企画は善良なFX売買シグナル配信者さんや利用者さんをバックアップするため、FXツール研究所がコピートレードツールを提供しようというものです。


詳細はまた次の記事で。



外国為替証拠金取引で勝つため儲けるための有料/無料FXツール(システム、ソフト)、メタトレーダー4(MT4)エキスパート(EA)、スクリプト利用の必勝法・取引手法、自動売買の比較・検証と始めるためのFX業者(FXブローカー)口座開設情報も。



スポンサーサイト
  1. 2011/08/23(火) 20:27:39|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の売買結果(自動売買または裁量取引)をリアルタイムに売買サインメール配信する方法

この記事をお読み頂くと

自分の売買結果(自動売買または裁量取引)を

リアルタイムにメールで配信する方法が理解できます。


また、この方法を利用すれば、

自動売買ツールを売買サインメール配信ツールとして利用できる

遠隔地にいても自動売買ツールの稼働状況や取引結果確認できる


というメリットもあります。


ただし、実際にこの方法を実現するためにはメタトレーダー4(MT4)で実行できる
EAかスクリプト(つまりプログラム)を作る必要があります。

プログラマの方であれば、是非自作のものを作ってみてください。


プログラマでない方向けには、
当研究所はこの目的で利用できるEAを作成済みですので、
このレポートをお読み頂いた方には無料で利用できる様に準備してあります。




<<この方法を用いるメリット>>


自分の取引内容を利用して取引したい人がいる場合に、

一番簡単なのは売買サインメールの配信だと思います。


※この話は商売として投資顧問業の様に本格的にやるというよりは、

 仲間内でこじんまりやるという前提で考えています。


しかし、それを普通にメールで送信する方法で実際にやろうとすると

自分の取引を優先するか、メール送信を優先するか、

そのタイムラグによる取引結果相違やメールのうち間違いなど

とても怖くて運用できるものではありません。


次に考える方法としては、

きちんとメール送信の仕組み(システム)を作って運用する方法ですが、

単に売買サインメールを送信する仕組みだけでも

数十万円から数百万円もかかってしまうというのが

情報システム業界の相場です。


そこで、個人投資家が手軽に使えるメタトレーダー4(MT4)で稼動するツールを使って、ほとんど無料でやってしまおうというのが今回の方法です。


この方法を使えば、メール配信ツールを動かしている口座で普通に取引するだけで売買サインメールが配信されます。


もちろん、自動売買ツールの取引もリアルタイムにメール配信することができます。


それ以外の用途としては、


自動売買ツールの取引結果をリアルタイムに受け取って、

売買サイン配信メールとして利用できます。


自動売買をそのまま使っていたとしても、
MT4を稼動しているPCから離れなければならない場合に

自動売買が正常に稼動しているか否か、
また取引結果をリアルタイムに知る方法として利用できます。



ここから先は、違う目的の方向けに書いた以下の記事と重複しますので、


メタトレーダー4(MT4)自動売買ツールを売買サインメール配信ツールとして利用する方法


をお読みください。





  1. 2010/07/26(月) 12:26:55|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタトレーダー4(MT4)自動売買結果をリアルタイムにメールで受け取る方法

メタトレーダー4(MT4)はFX自動売買用ソフトとして
世界標準と言っても良いもので、
多くのFX自動売買ツールがMT4の上で動く様に作られています。


この記事をお読み頂くと

MT4のすべての(デモ用を含む)自動売買結果を
リアルタイムにメールで受け取る方法
が理解できます。


また、この方法を利用すれば、

自動売買ツールを売買サインメール配信ツールとして利用できる

自分の口座の取引内容を利用したい方にメール配信できる


というメリットもあります。


ただし、実際にこの方法を実現するためにはMT4で実行できる
EAかスクリプト(つまりプログラム)を作る必要があります。

プログラマの方であれば、是非自作のものを作ってみてください。


プログラマでない方向けには、
当研究所はこの目的で利用できるEAを作成済みですので、
このレポートをお読み頂いた方には無料で利用できる様に準備してあります。




<<メール配信したい理由>>


メタトレーダー4で稼動するツールでは、
ほったらかしで自動売買できる機能を作成することができますが、


MT4を稼動させるPCはインターネット回線に常時接続していなければならず

持ち運ぶことができません。


このため、遠隔地からPCを操作できる様にしていても

移動中はやはり気になりますし、リアルタイムにメールが送られてくれば

安心していることができます。


この様な要望をお持ちの方々は、この記事の内容を実践することで、
自動売買ツールが行う取引内容をリアルタイムにメールで

受け取ることができます。


それ以外の用途としては、


自動売買ツールの取引結果をリアルタイムに受け取って、

売買サイン配信メールとして利用できます。


自分の取引内容を利用したい方がいる場合には、
自分の口座の取引結果をリアルタイムに利用者にメールすることができます。


逆の立場で考えれば、取引を参考にしたいトレーダーに依頼して、
そのトレーダーが取引する口座の取引内容をメール配信する様にすれば、
トレーダーは配信を意識することなく通常通りにトレードするだけで、
利用したい側にメールが配信される様にできます。



ここから先は、違う目的の方向けに書いた以下の記事と重複しますので、


メタトレーダー4(MT4)自動売買ツールを売買サインメール配信ツールとして利用する方法


をお読みください。





  1. 2010/07/25(日) 12:48:45|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタトレーダー4(MT4)自動売買ツールを売買サインメール配信ツールとして利用する方法

メタトレーダー4(MT4)はFX自動売買用ソフトとして
世界標準と言っても良いもので、
多くのFX自動売買ツールがMT4の上で動く様に作られています。


この記事をお読み頂くと

MT4のすべての(デモ用を含む)自動売買ツールを
売買サインメール配信ツールとして利用する方法
が理解できます。


また、この方法を利用すれば、

遠隔地にいても自動売買ツールの稼働状況や取引結果確認できる

自分の口座の取引内容を利用したい方にメール配信できる


というメリットもあります。


ただし、実際にこの方法を実現するためにはMT4で実行できる
EAかスクリプト(つまりプログラム)を作る必要があります。

プログラマの方であれば、是非自作のものを作ってみてください。


プログラマでない方向けには、
当研究所はこの目的で利用できるEAを作成済みですので、
このレポートをお読み頂いた方には無料で利用できる様に準備してあります。



<<メール配信したい理由>>


メタトレーダー4で稼動するツールでは、
ほったらかしで自動売買できる機能を作成することができますが、


せっかく自動売買ツールを持っていても以下の様な理由で
利用していない方が多いことがわかりました。


・自動売買を信用しきれないので、売買サインを見て確認してから注文したい


・メタトレーダー4が使えないFX業者の方が有利な条件
(スプレッド、入出金方法、納税基準等)であるため


この様な方々は、この記事の内容を実践することで、
自動売買ツールが行う取引内容をリアルタイムにメールで受け取り、
そのメールを売買サインとして活用することができます。


それ以外の用途としては、


自動売買をそのまま使っていたとしても、
MT4を稼動しているPCから離れなければならない場合に

自動売買が正常に稼動しているか否か、
また取引結果をリアルタイムに知る方法として利用できます。


自分の取引内容を利用したい方がいる場合には、
自分の口座の取引結果をリアルタイムに利用者にメールすることができます。


逆の立場で考えれば、取引を参考にしたいトレーダーに依頼して、
そのトレーダーが取引する口座の取引内容をメール配信する様にすれば、
トレーダーは配信を意識することなく通常通りにトレードするだけで、
利用したい側にメールが配信される様にできます。



<<MT4のメール配信機能>>


メタトレーダー4(MT4)には元々メールを配信する機能がついています。


MT4からメールを配信するために行うことは、


1、MT4を起動してツールメニュー>オプション>E-メールタブで
メール送信のための設定をする。


2、EAやスクリプトから「SendMail(件名、本文)」コマンドを実行する。

だけです。


少しややこしいのは、
1、ではメール送信用のSMTPサーバー情報を設定するのですが、
この点がPCに不慣れな方には難しいかも知れません。


詳しい説明は、以下のリンクから
関連レポートをダウンロードしてご覧頂ければと思います。


メタトレーダー4メール送信準備マニュアルはこちらをクリックしてください



<<自動売買取引の検知>>


通常、配布・販売されている自動売買ツールはコンパイル済みの
実行ファイルのみが配布され、プログラムソースは公開されていません。


このため、既存の自動売買ツールすべてに
SendMailコマンドを埋め込むことは不可能です。


そこで、既存の自動売買ツールを改造するという発想を捨てて、
自動売買取引そのものを検知してメールを配信する

別のツールを作るという方向に発想を転換しましょう。


取引そのものを検知するのであれば、
その取引をしたものがどの様なツールであっても(たとえ裁量取引でも)関係なく、
すべての取引結果をメール配信することができます。


取引結果の検知方法は色々あると思いますが、
ベタな方法としては一定時間間隔で注文やポジションの状態を監視して、
変化があった場合にメールを送るという方法です。


当研究所で確認した限りでは、
その変化(つまり取引)というのは以下のパターンに集約されます。


・成行注文約定
・(逆)指値新規注文
・(逆)指値注文約定
・(逆)指値新規注文の変更
・注文取消(有効期限切れ含む)
・ポジション決済((逆)指値決済注文に達した場合を含む)
・ポジションの変更((逆)指値決済注文変更など)


これらの取引を検知して、メールを配信するツールを作成すれば良い訳です。


これを実現するための技術はいろいろな選択肢がありますので、
この記事ではこれ以上深追いしませんが、
プログラマの方は是非チャレンジしてみてください。




<<無料ツールの配布>>


プログラマでない方向けには、
当研究所はこの目的で利用できるEAを作成済みですので、
このレポートをお読み頂いた方には無料で利用できる様に準備してあります。


プログラマの方が自作するための参考にして頂いても結構ですが、
プログラムソースは公開していません。


ツールの名前は、


【取引メール配信ツール】『TradeMailer』


です。


このツールを使えば、
MT4のすべての(デモ用を含む)自動売買ツールを
売買サインメール配信ツールとして利用することができます。


それに加えて、

遠隔地にいても自動売買ツールの稼働状況や取引結果確認できる、

自分の口座の取引内容を利用したい方にメール配信できる、

という目的で使うこともできます。


このツールはセキュリティ及びユーザーサポートのために
実行ファイルには有効期限を設定しています。


申し込み時にはお名前とメールアドレスを入力して頂くことで、
有効期限延長や次回バージョンアップのご案内をお送りします。


【取引メール配信ツール】『TradeMailer』申込はここをクリックしてください。


※このツール無料配布は予告なく終了する可能性がありますので、
お早めにお申し込み頂くことをお奨めします。

  1. 2010/07/24(土) 16:06:15|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『Bloom』10年平均年利177%、勝率85.20%、【無期限無料】自動売買ツール配布開始

『Bloom』=10年平均年利177%、勝率85.20%、

【無期限無料】の自動売買ツールの配布を開始しました。


しかも今回は、この自動売買ツールを題材にして、投資で成功するための基本スキルを解説します。


まずは提供する自動売買の成績が気になると思いますので、

以下にその成績概要をお知らせしておきます。


テスト期間
 2000年1月1日~2010年3月31日(10年3ヶ月)


勝率
 85.20%(4203勝730敗)


PF(プロフィットファクター=利益÷損失)
 3.22


資金増加率
 26729倍(年利177%相当)


最大ドローダウン率(資産残高の山から谷への最大の深さ)
 15.58%


さらに詳細な成績は次のURLをクリックしてご覧いただけます。


『Bloom』申し込みはこちらをクリック


これらの用語や数字に不慣れな方は、


非常に低いリスクで、100万円の元手が
1年後には277万円に増えるという成績が
最近10年間の平均的な成績である

と理解して頂いて結構です。


もしあなたが、


「それはしょせんバックテストの結果だから、実際の運用に耐えられるかどうかわからない」


とお考えであれば、まさにその通りです。


そしてそういう方にも納得して頂ける様に、今回の企画ではすべてをガラス張りにして提供させて頂きます。


まずそのひとつとして、Live口座(リアルマネー)での実運用結果を以下のサイトで公開しています。


Live口座(リアルマネー)取引の最新状況はこちらをクリック

このサイトは、私の口座の取引が少しの時間差で反映されるので、見たいときにいつでも最新情報を見ることができます。


取引情報がそのまま転送されるので、私が不正にデータを改ざんするということもできない仕組みになっています。


2010年4月22日から開始した実運用で、2ヶ月ちょっと経過した7月末時点では241Pipsのプラス、つまり、

100万円スタートで推奨しているレバレッジ10倍の場合、約24万円のプラスとなっています。


ユーロ危機の悪影響を受けているこの時期にこの成績ならまあまあかと思いますが、一喜一憂することなく、
淡々と気長にやり続けることが投資で勝つための鉄則です。


この取引手法は期間が長ければ長いほど安定した成績を発揮できる様に作ってありますから。





いかがでしょうか?

あなたがお使いの自動売買ツールがあれば比べてみてください。

すべての数値、全体のバランス、どれをとっても有料で販売しているものに引けを取らないはずです。


ここでちょっと話は変わりますが、あなたはこんな困った自動売買ツールを見たことがないでしょうか?


・勝率は高いが含み損や1回の負けが大きすぎる

・ドローダウンが大きくて耐えられず継続できない

・バックテストの結果だけで購入を強いる。

・パラメータ設定で成績が変わり、公表されている成績に及ばない。

・たくさんの中から自分で選ぶ様になっていて、選び方によって成績が全然違う。

・返金保証は付いているが 「(負けても)一定期間使い続けること」 などの無理な条件がついている。


私も国内・国外の自動売買ツールを利用・研究した結果、その多くがこの様な困ったものでした。


そこで常に考えていたのが、私が配布するツールは、なるべく利用者に経済的負担がかからず、納得行くまでテストした上で使ってもらいたい、ということです。


今回は、FX業者数社との提携により、簡単な条件(※1)を満たすだけで、この優秀な成績の自動売買ツールを出し惜しみせず、無期限無料(※2)で提供できることとなりました。


まずは次のリンク先から申し込んでください。


『Bloom』申し込みはこちらをクリック


簡単な条件(※1)と無期限無料(※2)の詳細な説明も上記のリンク先で説明してあります。





そして、この自動売買を使っていただきながら、状況に応じて基本スキルを解説していきます。


それを通じてあなたが得るものは、


・投資におけるあなた自身の●●を決める必要性。

・自分が知らない間に陥ってしまう●●の危険性。

・複利計算通りにうまくいかない理由とは?

・広告を鵜呑みにしてはいけない!●●は自分で。

・実運用開始前に決めておくべきルールとは?

・自動売買ツールを選ぶ際にチェックすべき7つのポイント。

・詐欺的カーブフィッティング、3つの手口。

・カーブフィッティングを回避する方法。

・実運用中には●●を変えないこと。

・スプレッド・手数料以外のFX業者の利益とは?

・資金管理の実例とシミュレーション

・FX業者の選定方法(FX業界裏事情のおまけ付き)


などなど、小手先のテクニックではなく本質的な事をお伝えして行きます。


それでは、以下のリンクからお申し込みください。


『Bloom』申し込みはこちらをクリック


<<リスクに関する情報開示>>

外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。



  1. 2010/07/12(月) 15:04:06|
  2. ツール及びマニュアル(無料)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。